×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

集団所有制

集団所有制とは土地・農具・牧畜などの主要な基本的な生産手段の所有単位が集団にある制度を言い、個人が生産手段を所有する私有制と対比されます。1959年8月に行われた中共八中総会では、人民公社が生産手段の三級所有制を実施することが明記されて、生産大隊の所有権が墓木的であり、公社の所有権が部分的であること、生産隊も小部分の所有権を待つべきであるとされていました。この複合的な集団所有制は、基本的な所有単位、採算単位がどこに置かれるかは、各人民公社、生産大隊、生産隊の実力によって大きく変化しますが、究極には全人民的所有制に拡大していくものです。なお、公社には自家保有地も若干部分残されており、その活用方法、生産物の処分は公社社員の自自意思とされていますが、士地は集団所有制の範囲内であるために売買はできませんでした。

中国と時代背景

          copyrght(c).中国と時代背景.all rights reserved

中国と時代背景